具体的に自分のスキルをアピールする

プログラマーとしての実績が重要

プログラマーは一つのプロジェクトを様々な分野の人員で分担して作業を行う場合が多い為、転職時に一体どの分野のプログラミングのスキルを持っているのかを、履歴書上でしっかりと表記しておくことが必要です。

面接官が職務経歴を見て、すぐにプロジェクトに配置する事を考えられるようであれば、転職は殆ど成功したといってよいでしょう。

未経験の場合、納品した経験がない分身に着けたプログラミングの技術をしっかりとした形で動かしてみる事が必要となります。パソコンを持参し自作のアプリケーションやWebページを参照するなどの具体性が必要です。

プログラマーの仕事は実績がモノを言う、という事を頭に置き、転職活動を行う事がスムーズに新しい仕事に就くためにも必要です。

実績がしっかりしていればそれだけ仕事を見つけるスピードも速く、希望の分野のプログラマーとして活躍する機会も多いです。

未経験は難しいとはいえ熱意と、講座などで仕上げた作品の精度やセンスを買われることもあります。

常識と責任感があるかが重要

面接時には、営業職のような対人スキルは問われませんが、クライアント企業に常駐した際に誠実な行動をとれるプログラマーか、常識と責任感があるか、という点が見られます。

社会人には必要な資質ですが、淡々とプログラムを書くことを考えていると何となく忘れてしまう点でもある為、面接前日にはよくその点を思い返すとよいでしょう。

それまでプログラミングしてきた成果物への自信も、面接にはしっかりと現れます。

当サイトから最も利用されている人材紹介会社はこちら