AS400への転職時に必要なのは、当然プログラミングのスキル

プログラムを構築して作品を制作する

プログラマーの転職時に必要なのは、当然プログラミングのスキルです。全くの未経験で転職活動をする場合、現場で納品したプログラムがない為、即戦力として認識されない場合があります。

AS400の技術者へ転職をする場合にも同じ事が言えます。それでもどうしてもプログラマーで仕事をしたい、という場合には、とにかく本を読んでプログラムを組み作品を作ってみる事です。

その際、Webを動かす際のユーザーインターフェースを作成するプログラマーになりたいのか、データベースを構築したいのか、自分が分担出来る領域を明確にして作業を行う事が必要です。

現場に配属されたら他のプログラマーに基礎的な事を聞かず、淡々と納品に向けてプログラムを仕上げていく事が重要視されるのがプログラマーの仕事です。

その為、転職に向けて独学をするには、全体的な知識と、プロジェクトが割り振られた場合に実際に使える知識を、しっかり整理しておく事が必要となります。

孤独な作業な為、それが本当に好きでない場合、かなり努力を要します。反面パソコンの自作を行い、ネットワークを組んだ事がある人では、勘が働きやすいです。

常識的な態度と誠実さも必要

転職活動時には身に着けたスキルをよく整理して、面接官にスキルを取り出す事に困難がないという点を、よくアピールするとよいでしょう。

相手先企業に常駐して、自社オフィスを離れた環境でプログラミングを行う事が多い為、滞りなく作業できる事は優秀なプログラマーの証となります。

営業社員ほどの対人スキルは必要がありませんが、常識的な態度と誠実さが必要となります。

以上のような事をしっかり認識する事でAS400の技術者へ転職する際には有利になると言えます。

当サイトから最も利用されている人材紹介会社はこちら