AS400はクライアントの企業に常駐して仕事を行う事が多い

あまり自社に戻らない事が多い業務

AS400を取り扱う場合にはプログラム言語の知識が必要になります。

ですのでAS400の技術者は、プログラマーの職種のひとつになります。

当ページでは、プログラマーが転職活動を行う際に気を付けなければいけない事をご紹介しています。

プログラマーの特徴として、クライアントの企業に常駐して仕事を行う事が多いという点が挙げられます。

自社オフィスにこもってコツコツと作業をするという感じではなく、企業内でプロジェクトの作業を分担して行う事が多いです。

営業職というよりは技術職の為、それ程愛想よく振る舞う必要はないですが、やはり誠実に作業をやり遂げる姿勢と的確さが必要になります。

これは正社員でも、契約社員や派遣社員などの業務形態でも共通する点です。あまり自社に戻らない事が多い業務と言えます。

未経験からの転職は難しいと考えておいた方が良い

Webプログラマーで就業する場合、採用されて仕事に就くと即日プログラム作成をするケースが多いです。職場で覚えればいいとか、仕事しながら新しい技術を体得するというより、手持ちの技術をしっかりさせておくことが必要です。

よっぽど未経験可とかOJTありと謳っている場合は別ですが、スキルありきと認識した上で転職活動をしましょう。

それまでにWebプログラマーの仕事をした事がなくとも、「プログラミングが出来る」という事実だけが仕事を継続する必要事項になります。

転職時に現場未経験でも、自分でWebサイトを構築したり、趣味でアプリケーションを作ったりした事があれば、詳細を出来るだけ客観的に採用担当に見てもらう事が必要です。

営業のように仕事にあたる姿勢ではなく、「プログラムが書ける」という事が必要になる為、その点に自信を持てない場合は未経験での就業は難しいと考えておいた方が良いでしょう。

当サイトから最も利用されている人材紹介会社はこちら