AS400に関する仕事のメリットとデメリット

常にスキルアップを求められる

AS400に関する仕事のメリットとデメリットについてご紹介します。

まず、AS400関連の仕事をするメリットとして、仕事が途切れることが無いと言う事が挙げられます。

AS400とは、IBMが提供元となっている企業用のコンピュータです。

主に情報処理や事務処理などに使用されているコンピュータなのですが、使い勝手が良いこととシステムエラーが発生しにくいことから、日本全国のほとんどの企業で導入されているマシンです。

そのため、プログラミング言語の習得とプログラム作成のスキルがあれば、仕事に困ることはないといっても過言では無いでしょう。

デメリットですが、これはAS400に関連する仕事だけではなく、IT関係の仕事をしている人の全てに共通することでもあります。

1つの技術を修得しただけでは、時代に取り残される可能性があるため常にスキルアップを求められるという部分があるのです。

人によっては、それをデメリットと捉える人もいるでしょう。

システム開発の仕事は常に進化を遂げている

システムやプログラムの保守は、過去の知識が役に立つ仕事ですが、プログラム作成やシステム開発の仕事は常に進化を遂げています。

例えば当時プログラム作成には必ず使われていたcobolは、現在ではJavaやC言語に世代交代しつつあります。

このように自分の知識や技術が今は最先端のものだとしても、数年、数十年経過すれば古いものになっていくという自覚を持ちましょう。

常にスキルアップを目指し、新しいプログラミング言語の取得に励んだり、よりよいシステムを構築するための方法を考案したりする必要があるのです。

当サイトから最も利用されている人材紹介会社はこちら